仮想化生活への軌跡

Feed Rss


Ubuntu ServerでWord Pressサーバーを構築する手順 (2)

11.05.2013, Ubuntu Server, Webアプリ, by .

前回の記事に引き続き、今回はWordPress本体のインストールの手順を紹介します。

WordPress-logo

WordPressのインストール

パッケージからインストールすることも可能ですが、最新の日本語バージョンをインストールするため、ここでは手動でインストール作業を行います。

まずは /tmp フォルダにアプリをダウンロード・解凍します。
cd /tmp
wget http://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
tar -xvzf latest-ja.tar.gz


解凍してできたフォルダをApache2のドキュメントルートに移動します。
sudo mv wordpress /var/www


WordPressの運用においては、WEB上の操作からドキュメントディレクトリ(今回の手順では/var/www/wordpress)に対して様々な書き込みが行われるため(.phpファイルの編集、テーマやプラグインのインストールなど)、Apache2(www-dataユーザー)からの書き込みが行えるよう所有者の設定を行います。
sudo chown -R www-data:www-data /var/www/wordpress


以上でWordPressのインストール作業は完了です。


WordPressのセットアップ

正しくインストールが完了していれば、http://サーバーのローカルIP/wordpress/ でWordPressのセットアップ画面に入ることができます。
WP-セットアップ1

「設定ファイルを作成する」を押下して次に進んでいくと、データベース情報の入力を求められます。
前回紹介した例のとおりであれば、データベース名=wordpress、ユーザー名=wpuserとしたで、自分で設定したパスワードを入力して先に進みます。
WP-セットアップ2

正しく設定できていれば下の画面が表示されるので、「インストール実行」を押下します。
WP-セットアップ3

最後にブログのタイトルやWordPressのユーザー名を設定して、「WordPressをインストール」を押下すれば完了です。
WP-セットアップ4


コメント

以上の手順によって一先ずUbuntu Serverを使ったWordPressサーバーの構築が可能ですが、実運用を行う上では多くの改善の余地を残しています。
● Apache2のセキュリティ設定
● MySQLのチューニング
● URLの変更(サブドメインでのアクセス)
等々。

今後の記事でこれらの改善方法を取り上げていく予定です。


Advertisement


RelatingPosts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*