仮想化生活への軌跡

Feed Rss


iPad Air+8playerでMPEG2-TS視聴(DLNA)

11.08.2013, DLNA, iOSアプリ, iOS端末, Windows Server, by .

はじめに

iPadはmp4形式の動画をハードウェアでデコードする機能を持ち、mp4動画の再生端末としては非常に有用な反面、mp4形式以外の動画ファイルに対応したアプリが現状ではほとんど見当たらず、これらのファイルの再生となると途端に困難に陥るという落とし穴があります。
筆者が運用する録画サーバーにおいては、録画されたデータがMPEG2-TS形式のファイルとして蓄積されているため、iPadでこれらのデータを視聴するにはファイルをその都度mp4形式にエンコードした上でiPadに転送するか、DLNAクライアント機能を持つアプリに頼ることになります。

エンコードには手間と時間がかかるため、できればDLNAを利用したいところですが、これまで筆者が使っていた第3世代のiPadでは無線通信の能力が貧弱なためか、はたまたCPUのパワー不足のためか、画像は表示されるものの動きの引っ掛かりや音飛びが激しく、とても鑑賞に耐えるものではありませんでした。

これに対して、先日入手したiPad Airでは、無線環境でありながらも高ビットレートのMPEG2-TSファイルをほぼ完璧に再生することができるようになりました。

今回は再生に使用したDLNAクライアントアプリである8playerの紹介を兼ねて、その模様をお伝えします。

8player



再生環境の紹介

まずはDLNAの再生環境を紹介します。
DLNAサーバーPS3 Media Server 1.52.1
DLNAクライアント8player 2.11.1
DLNAクライアント端末iPad Air/Wi-Fiモデル/128GB/スペースグレイ
無線環境Aterm BL900HW/IEEE802.11n(5GHz)/MIMO対応

iPad AirではCPUに最新のA7(1.4GHz)が搭載されていることに加え、従来のiPadにはなかったMIMOに対応しており、同じくMIMOに対応するWi-Fiルーターを組み合わせることで無線通信の大幅な改善が期待できます。
筆者の手元のWi-Fiルーターには5GHz帯用に3本のアンテナが搭載されており、MIMOに対応しています。
PS3 Media Serverについて興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

再生環境に加えて、DLNAサーバーを稼動するホスト環境も紹介しておきます。
CPUXeon E3-1245 v2
仮想化ソフトVMware ESXi 5.0.0 Update3
仮想化ゲストWindows Server 2008 R2 x64/4vCPU/6GB
その他PT3/SATAカード/USB3.0カード をそれぞれパススルー(DirectPath I/O)

仮想化サーバーのより詳細な構成や構築過程については右のカテゴリーから過去の記事をぜひご参照ください。


8player上でMPEG2-TSを再生

早速iPad Airに8playerをインストールして再生を行ってみます。

DLNA-PS3-Media-Server
アプリを立ち上げると自動でDLNAサーバーの認識を行ってくれます。
PS3 Media Serverがしっかりと認識されている様子が確認できます。

DLNA-サムネイル
動画のサムネイル表示にも対応しており、スムーズに動画を選択することができます。

DLNA-動画キャプチャ
動画再生の様子です。
ごらんのとおり画質にはまったく問題ありません。
また、動きの引っかかりや音とびもほとんどなく、実に快適に視聴することができます。
上の画面には現れていませんが、シークバーの反応も無線通信であることを考慮すると十分良好だと感じました。


コメント

iPad Airによって、かねてより求めていた無線によるMPEG2-TSファイルの再生環境がようやく現実のものとなりました。
今回使用した8playerは有料アプリであり、価格も執筆時点で500円と動画再生アプリとしてはやや高めの値段設定とはなっていますが、パフォーマンスの高さを考慮すると購入する価値は十分にあると思います。

筆者と同じくタブレット端末でのMPEG2-TS視聴を求めていた方には、iPad Airは大変お勧めです。


Advertisement


RelatingPosts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*