仮想化生活への軌跡

Feed Rss


iPad Air/iPad mini Retinaディスプレイモデル 発表

10.23.2013, iOS端末, ニュース, by .

22日(日本時間23日)付で、APPLEよりiPad Air/iPad mini Retinaディスプレイモデルの発売が発表されました。
ipad-air-miniretina

プレゼンテーション(Keynote)の模様や製品紹介のビデオがAPPLEのサイト上で閲覧可能となっています。
Keynoteへのリンク
製品紹介ビデオ(iPad Air)へのリンク

サイト上の紹介から明らかなように、iPad Airは従来のiPad with Retinaディスプレイの後継機です。

iPad Air/iPad mini Retinaともに64bitのA7プロセッサ、M7コプロセッサ、Retinaディスプレイが搭載され、16GB~128GBフラッシュメモリ搭載機のラインナップが用意されているなど、旧来型に比べて両者の差異が縮減し、違いはほぼ液晶サイズのみとなりました。

スペック内容の近接に加え、Airでは従来の652gから469gへと大幅な軽量化が実現されており、両者の重量差はわずか100gほどとなりました。
iPad Airは、従来のiPadの重さに不満を感じていたユーザーにとって非常に魅力的な製品に仕上がっています。

従来比で2000円の値上がりや指紋認証の非搭載など残念な点もありますが、筆者にとって、高度な処理能力と軽量化、Wi-Fi通信能力の向上(MIMO/300Mbps)はこれらの欠点を補って余りあるものであり、早くも手持ちの第3世代からAir-128GBへの乗換えを決心しました。

なお、Airの発売日は11月1日、mini Retinaの発売日は11月中となっています。

Airについては、これまで行われていたAPPLE Online Storeでの発売前の予約受付は行わず、発売当日から予約受付および店頭での販売が開始されるとのことです。

アップルストア各店舗のほかに購入可能な販売店については、こちらから検索することができます。


Advertisement


RelatingPosts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*