仮想化生活への軌跡

Feed Rss


iOS7.0.3の適用でiPhone5sのモーションセンサーの不具合が改善

10.23.2013, iOS, ニュース, by .

はじめに

本日付で配布が始まったiOS7.0.3を筆者のiPhone5sに適用したところ、「コンパス」アプリ内の水平器機能に改善が認められました。


モーションセンサーの不具合と修正

すでにさまざまな所で報じられているように(たとえばこちら)、これまでに販売されたiPhone5sにはモーションセンサーに不具合が見受けられ、たとえば標準の「コンパス」アプリに備わっている水平器機能で水平状態を正確に検知することができないという問題がありました。

筆者の手元にあるiPhone5sもご多分にもれず、水平(と思われる)床やデスクの上で水平器を使用してみたところ、最大で4°程度の誤差が生じており、水平器としてはまったく使い物にならない状態にありました。

ところが今回配布されたiOS7.0.3にはこのモーションセンサーにおける不具合の修正が含まれており、これを適用することで上記の問題の解決が期待されます。


適用結果

果たして筆者のiPhone5sにiOS7.0.3のアップデートを適用したところ、「コンパス」アプリ内の水平器機能が正確に水平状態を検知することが確認されました。

以下のイメージは、筆者のiPhone5sで取得したスクリーンショットです。
デスク上にiPhoneを寝かせた状態(左)、側面をデスクに乗せて立てた状態(右)ともに水平状態を正しく検知することができています。
水平器 水平器2

水平器で検知される誤差には個体差が大きいことから、ハードウェア上の問題に起因する不具合ではないかとの指摘が行われていましたが、(少なくとも筆者の個体においては)ソフトウェア的な手立てによって無事に問題の解決が図られました。


iOS7.0.3のその他の改善項目

iOS7.0.3にはモーションセンサーの不具合修正以外にも、多岐にわたる修正・改善項目が含まれています。
ios7.0.3

目新しい機能として一番の注目株となるのはSafariで保存したパスワード等をiCloudで共有できる「キーチェーン」ですが、筆者が実際に使用した中でまず実感したのが「視差効果を減らす」をオンにした状態でのアニメーションの省略による操作感の向上でした。

従来は背景の壁紙の拡大やアイコンを浮かび上がらせる機能のみをオフにできたものが、今回はロック画面の解除やアプリの起動時におけるアニメーションも省略できるようになりました。

今回のアップデートではこのようにさまざまな改善が施されるため、特にiPhone5sでiOS7を使用している方にはお勧めできます(余談ながら、iOS7.0.3は脱獄に支障を及ぼさないないとの情報もあります)。


Advertisement


RelatingPosts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*